ドライブレコーダー

ドライブレコーダーとは?

事故の状況を記録する装置です。

飛行機事故が起きた場合、まず飛行機に装備されているフライトレコーダーの回収が第一で、このフライトレコーダーが回収されれば事故の真相はほぼ解明する事ができます。
ドライブレコーダーとは飛行機に装備されたフライトレコーダーと同様の目的で開発された車載型画像記録装置です。

万が一の事故の際に原因を明確にします。
事故後の処理がスムーズになり、トラブルに対する手間や時間、精神的なストレスを軽減できます。

事故を証明するドライブレコーダー

運転中は常に自車と周辺状況を記録し、事故や乱暴で危険な運転操作により、車に衝撃が加わると、その前後の情報をデータとして保存します。

事故を起こした場合必ず目撃者がいるとは限りませんし、当事者同士でも食い違った部分が多く発生し得ます。そのような時に参考資料としてドライブレコーダーで録画した事故状況が、あいまいな部分を回避できるツールとなるでしょう。

 
例えば交差点での事故の場合どちらが信号を守っていたか、優先道路はどちらだったか、交差点での見通し状況はどうだったかなども画像から判断できるひとつの材料になります。

ドライバーの安全運転意識の向上にも効果的

国土交通省が行った調査によると、ドライブレコーダーを設置することでドライバーの安全運転意識が高まるとの報告を受けています。

また、自身の運転を振り返り、客観的に見ることができるので、

運転中にはわからなかった、危険な運転や確認不足を知ることができます。

交通事故を予防することで、トラブル防止につながりますので、
ドライバーの安全確保、コスト削減にもつながります。

手動でデータを保存することもできるので、いわゆる「ヒヤリハット」の瞬間も逃さず保存する事ができます。
社内で状況を共有する事が安全運転意識向上につながります。

また、ご自身以外の事故も、手動で保存する事で記録することができます。
これによって、第三者の証言を明確にする事ができます。

取り扱いメーカー

 
 
 
 

搭載効果の調査について - 国土交通省

ドラレコの活用効果

自動車運送事業者がドライブレコーダーを活用すると、
次のような効果があります。
    ■搭載することで運転者の安全意識が向上
    ■事故及びニアミス発生時の記録映像、
       データの安全運転指導(危険予知訓練等)への活用
    ■交通事故の減少による経済的損失等の社会的不利益の低減
    ■詳細なデータを用いた事故当事者間の事後処理、手続き等の簡略化
    ■道路構造、交通状況等の情報の運転者への提供
    ■記録映像の活用により事故調査・分析の
       高度化が図られることによる、一層効果的な車両安全対策の策定
       など

搭載効果の分析結果


国土交通省では、平成16年度より映像記録型ドライブレコーダーの搭載効果に関する調査を開始し、実際に稼働中のタクシー、トラック、バスに映像記録型ドライブレコーダーを搭載してデータを収集するとともに、その利用方法や効果について検討をしています。

平成17年度に、全国のタクシー事業者542社を対象にドライブレコーダーの導入状況に関するアンケートを実施しました(全国法人タクシー約8,000社中542社へ送付し、248社から回答を得ました(回答率46%))。

その結果、「ドライブレコーダーの導入理由」、「導入効果」、「データの活用方法」は以下のグラフのようになりました。

ドライブレコーダーの助成金制度

ドライブレコーダーには助成金制度がある事をご存知ですか?

ドライブレコーダーの購入をご検討の方は、ぜひ一度、ご相談ください。

会社案内

有限会社 富士電機工業
〒417-0002
静岡県富士市依田橋79

  • TEL:0545-32-0715
  • FAX:0545-32-1509
  • 営業時間:8:45~17:00
  • 定休日:日,祝日

営業カレンダー

2018年01月
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
営業日案内
日曜日・祝日
(休業日)